FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハトはフリスクを食べない

帰りは雨が降ってました。濡れながら歩いていたらコンヴィニの前に傘があったので借りました。
すると後ろから「あっ!パクった~!!」と女性の声がしました。

俺「どうしましたお嬢さん」
女「どうしたじゃないわよ!それ、アタシの!」
俺「この傘のことですか?おやおや、あなたのでしたか。でも心配は要りませんよ?
  少し小さいですが、無いよりはマシです。」
女「そんな心配してないわよ!!」
俺「これは失礼。そんなに怒らないでください、別にあなたが小さいと言った訳ではないですよ。」
女「人が気にしてることを……いいから!それ!返しなさいよ!!」
俺「仕方ありませんね。さあ、どちらまでいきましょう?」
女「なんでアタシがあんたと相合傘しなくちゃいけないのよ!!」
俺「う~む、困ったお嬢さんですね」
女「困ってるのはこっちなんですけどっ!!」
俺「ちょっ!ツバ汚いっ」
女「あ、ごめん…」
俺「いえいえ、お気になさらずに…」
女「はぁ…仕方ないわね。じゃあ、駅まで連れてってくれる?」
俺「ああ、その件ですが。」
女「なによ、やっぱりイヤとか言うの?」
俺「もうこれは必要なくなったのでお返しします。」
女「え?あ…雨、止んでる。」
俺「では、私はこれで。風邪を引かれませんようご自愛下さい。」
女「……」

最初の二行は本当

シャーペンズクルッポ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akuma

Author:Akuma
人の不幸は蜜の味

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。